ユトリとサトリのあいだ

大学生だったり時々、虫を食べたり

TOEICは本当に意味の無いテストなのか?

英語を勉強していると、TOEICなんて勉強しても意味ないという意見をよく聞く。

果たして本当に意味の無いテストなのだろうか?

f:id:minotake1106:20190829183128p:plain

 

 

 

まずはどうしてTOEICが意味がないと言われるのかをおさらいしよう。

僕が英語の勉強をしてきて最も多かった意見は次の2つだ。

 TOEICで良い点を取れても英語は喋れない。

 TOEICはビジネス英語なので日常的に使えない。

 

 TOEIC「だけ」出来る人は確かに僕の周りにもたくさんいた。 TOEICは800点以上取れるのに、英会話の場では他の人よりも英語の流暢さや使っている単語のバリエーションが見劣りする人だ。

TOEICはビジネス英語検定なので、たしかにテストで出現する英単語や話題には偏りがある。

 

ここで上の2つの意見が本当に妥当なのかを考えていきたい。

 

TOEICで良い点を取れても英語は喋れない。

これは周りの人の様子を見ている限りは正しい。というか当たり前だ。

 

TOEICを受けることで英会話を劇的にこなせるようになるハズがない。

それはなぜかというと、基本的にほとんどの人が受けるTOEICはリスニングとリーディングの能力を測るL&Rテストだからだ。この中に自分の意見を伝える力をトレーニングする要素は備わっていない。その中で「英語喋れるようにならねーじゃねーか!」と喚いているのは、見当違いも甚だしい。自明である。

 

またもう一つポイントとして、リスニングの点がいいからと言って、英語話者の英語を聞き取れるかというとそうとも言えない。普通の人は日常会話では多少なりとも、くだけた英語を使って喋る。また後述するがTOEICに収録される語彙はビジネスパーソンに向けて非常に制限されたものである。そのため単語数に限りがあるため、TOEICに出てくる単語を全て暗記したところで英会話はできるようにはならない。

 

英会話がある程度できる人は、ある程度高いTOEICの点数は取れる。

しかし高い得点を取れるからと言って英語が喋れるわけではない(逆は成り立たない)。

 

 

そもそも英会話がしたいのであれば、それを身につける方法は音声情報によって経験を積むしかない。

teruyastar.hatenablog.com

たとえば、英語力を向上させたければ、
毎日地道に英会話教材をコツコツ勉強するなんて、能率が悪すぎる。

自分を熱くさせるような議論が英語で行われている空間や集団を見つけて
思い切ってそこに深くコミットしてしまった方が、
はるかに能率よく、しかも、実践的な英語力が身につく。

つまり、地道な努力を積み重ねるのではなく、
「自分を英語に没頭させてしまう」というキッカケ、空間、タイミングを探し、
見抜き、ここ一発というところで、すかさずそのチャンスを捕まえてしまえば、
あとは自動的に、坂道を転げ落ちるように簡単に英語力が向上していく。

 

結局文字で覚えた英語は、文字としてしか活きないのだ。

もし「英会話」がしたいのなら思い切って、口から出して喋ってみるしかない。

 

TOEICの単語はビジネス英語なので日常的に使えない。

TOEICビジネスパーソンに向けて作られた英語のテストだ。

そのため英語という言語が有する、無限とも思える単語の中から、実際にビジネス・取引で使われることのあるような単語が出る。

 

もちろん、TOEIC単語だけでは英会話はできない。これは真実だと思う。

しかしTOEIC単語が日常会話では全く使えないか?という質問に対してははっきりとNOと答える。

 

たとえばTOEIC頻出単語の一つである

Investigation(投資)

投資、と日本語で聞けば「将来的なメリット/事業のためにお金を払うこと」とイメージ出来ると思う。確かにこれは日常というよりはビジネス界隈に近い単語だ。

しかし、私達はこれを日本語で理解できる。

もちろん英語圏の人たちが「investigation」と聞けば、ビジネスに携わっていない人でも理解はできるのだ。

 

ビジネス英単語というのは決して日常から逸脱した単語ではない。

むしろ日常に根付いているとも言える。

 

ここで主張したいのは、TOEICに収録されている単語は意図的に制限されているということだ。ビジネス系の単語を理解しつつ、正しく英文を読めるか/聞けるか。

これだけの力を測るためだけのテストなので、ビジネス系以外の単語を切っているのである。

そういった意味で、TOEICの単語だけでは日常会話はできない。

しかし日常会話の中ではTOEICにでてくる単語は頻繁に使われるため、日常会話でTOEICの単語が使えないかと言われると、「使える」と断言できる

 

まとめ

TOEICで良い点を取れても英語は喋れない?

はい、喋れません。

(もちろん、喋れる人はTOEICぐらいのテストだったらある程度の高得点を取ることができます。しかしその逆は保証されない。つまり高得点を取れるから喋れるというわけではないということ。)

 

 TOEICの単語はビジネス英語なので日常的に使えない。

単語自体は日常の中でもガンガン使えます。

 

英会話がしたいのにTOEICを一生懸命やってる人は効率の悪い努力と言える。

なぜならTOEICでは「会話」の能力は伸びないから。

そういった人たちにとっては意味の薄いテストかもしれない。

しかし、意味が全く無いか?と言われると答えはNOである。

単語自体は会話でも使えるし、また「会話」の能力と「読解」の能力はまた違った能力であるからだ。あくまでTOEIC L&Rは読解や聴く能力を測るものであり一定の意味はある。

 

TOEIC600点取りたい人へ 

www.yutosato.work