ユトリとサトリのあいだ

大学生だったり時々、虫を食べたり

夏の夕方に現れる小さな虫の集団の犯人とは?また集団内で繰り広げられる激しい戦いを徹底解説!

 

こんにちわ,当サイト運営者のDoです.

 

最近は非常に暑いですよね.私の住んでいる岡山市では,毎日最高気温が35℃付近で夏バテ気味です.

 

こんな暑い夏の夕方に虫が大量発生し,集団で飛んでいるのをよく目にします.

 

非常にうっとうしいですよね.

 

とりあえずブンブンうるさい.あれを聞くと暑さが増す気がします.しかも避けたはずなのに近づいてくるし,追いかけてくるし…(笑)

 

あの虫とはいったい何者なのだろうか?

 

また,彼らは面白い理由があって集団を作ります.

 

この記事を読んだあなたは,きっと小さな虫の集団を見る目が変わりますよ.

 

では内容へ.

 

 

小さな虫の集団の犯人とは

 

ぶんぶんとうるさい虫の正体,それはです.あまり知られていませんが,小さな蚊達が作る集団を蚊柱と呼びます.

 

f:id:kazukjudo:20190812230957j:plain

 

しかし,あなたはこのような疑問を持ちませんか?

 

「何故あの蚊達は人を刺さないのだろう?」

 

そう,あの集団は決して人間を刺しません

 

何故なら,蚊柱には蚊のオスしかいないからです

 

基本的に蚊は人間をはじめとする動物を刺しません.しかし,産卵前のメスが卵を産むためのタンパク質を補給するために動物の血液を吸うのです.

 

蚊は普段は花の蜜や植物の汁を餌として生活しています.

 

蚊柱にはオスの蚊しかいないので,人を刺さないのです.

 

オスは子孫を残すために集団を作る

 

蚊柱が作られる理由,それは子孫を残しやすくするためです.

 

蚊はオス一匹の単独で飛んでいるよりも,複数匹の集団で飛ぶ方がメスと出会える確率が高くなります.

 

またオスは2~3日間しか生き延びることが出来ません.

 

よって限られた時間内にメスと出会って,早く子孫を残すために蚊柱を作るのです.

 

f:id:kazukjudo:20190812231050j:plain

 

蚊柱で行われている戦いとは

 

先程も言った通り,蚊柱はオスが子孫を残すために作られるのです.

 

しかし,蚊柱にはたくさんのライバルであるオスがいます.そのためいくらメスに出会たとしても,蚊柱内でライバルに勝たないと子孫を残すことが出来ないのです.

 

ある国外の種の蚊では蚊柱の下側に位置するものほど体が大きく,反対に下に行くほど小さくなります.

 

この理由は蚊柱の下の方がメスと交尾しやすいからです.

 

この種の蚊のオスは孵化したばかりのメスを狙うために蚊柱を作ります.つまり下の方が地面から近いため,孵化したばかりのメスと交尾でき,子孫を残せるのです

 

まとめ

 

孵化したてのメスを狙うとは,交尾に対する執念がすごいですね.

 

蚊柱は人間を刺さないので,今度出会った時はじっくり観察してみるといいと思います.

 

蚊の激しいポジション争いや,上下の蚊のサイズの違いが見れるかもしれませんよ.

 

これで今回の記事を終ります.

 

我々ユトリとサトリの間はTwitterを運営しています.もし良ければフォローの方よろしくお願いします.

 

twitter.com