コオロギと彼女

主に「昆虫食」と「恋愛」.少しミスマッチなサイト.

【世界を救え】昆虫食って何?このメリットから通販でも買えるお勧め昆虫食3選!

 

「昆虫食」とは我々人間が昆虫を食べることです.

 

「知らない!」

「聞いたことない!」

「気持ち悪い!!!」

 

このように感じる人も多いと思います.

 

しかし日本では密かに「昆虫食」が注目されており,すでにいくつかの企業が昆虫食開発に取り組んでいます.

 

また国連食糧農業機関(FAO)は,2013年にある発表しました.この内容を簡単に表すと…「昆虫食は世界を救う!」です.

 

本日は昆虫食の概要・メリット・お勧めの昆虫食をご紹介したいと思います!!!

 

では内容へ

 

f:id:kazukjudo:20190319170523j:plain

 

 

海外では昆虫食は当たり前

 

いま日本ではあまり昆虫食の文化は広がっていません.

 

しかし,昆虫が盛んに食べられている地域があります.それは長野県です.

 

長野県ではイナゴは陸蝦(オカエビ)と呼ばれており,秋の風物詩として食べられています.

 

また長野ではイナゴの他にもハチの子,サザムシ,カイコの子などが食べられています.

 

※サザムシ…川の浅瀬に生息するヒゲナガカワトビゲラの幼生

 

世界規模で昆虫食を考えてみましょう.

 

今現在,主にアジア,アフリカ,南アメリカを中心に約20億人もの人々が昆虫を食べていると言われています.

 

また,国連食糧農業機関(FAO)によると,1900種以上の昆虫が食卓に乗っているのです.例えば,セミトノサマバッタタガメ,アリ,ゴキブリ…と様々な昆虫が食べられています.

 

タイではコオロギを養殖している,コオロギ農家なんて職業もあります.

 

つまり世界中で昆虫は当たり前に食べられおり,また日本でも特定の地域では食べられているのです.

 

(内山昭一著・昆虫食入門より)

 

f:id:kazukjudo:20200126180833j:plain

 

昆虫とエビは同じ

 

コオロギとエビ

 

「昆虫なんて気持ち悪くて食べれるか!ボケ!」

 

いやーごもっともです.大正解です.

 

ここで「コオロギ」と「エビ」について考えてみましょう.

 

エビは高タンパクで・低脂質であり,高栄養食品です.また体が硬い殻に包まれており,2本の長い触覚・多数の小さな脚があります.

 

コオロギはエビと同じようにかたい殻に覆われており,2本の触覚・6本の脚を持っています.

 

またコオロギもまたエビと同じように高タンパク・低脂質です.

 

f:id:kazukjudo:20200125171056j:plain

乾燥させたサンプルの栄養組成(%)

(コオロギ:昆虫食入門より エビ:カロリーSlimより)

 

どうやらコオロギの方がエビよりも高タンパクらしいです…しかもコオロギとエビの外見はほぼ同じです.

 

つまり「コオロギ=エビ」!!!コオロギは食べられる!!!(笑)

 

f:id:kazukjudo:20200126181025j:plain

 

ゴキブリとエビの尻尾

 

ゴキブリの成分,エビの尻尾の成分はほぼ同じです.

 

f:id:kazukjudo:20200125172822j:plain

サンプルが多く含む物質

(【決着】ゴキブリはエビと同じ?エビの尻尾は食べれるのか?本当?ウソ?より)

 

それでは海老の尻尾,ゴキブリの外皮に共通に含まれている物質.それはキチンと呼ばれる物質です!


キチンはN-アセチル-D-グルコサミンと呼ばれる物質が大量に集合している物質で、アミノ多糖の一種です.


自然界には昆虫の外皮からエビの殻,貝やキノコの中に至るまでキチンが存在しています.

 

キチンは自然界での年間の分解量は1000億トンともいわれ,それと同時に1000億トンがさまざまな生き物によって生産されてもいます.


海老の殻や尻尾にはキチンに加えてカルシウムとタンパク質が含まれています.ゴキブリの外皮にはカルシウムは含まれず,キチン,タンパク質,ジフェノール化合物を含みます.

(【決着】ゴキブリはエビと同じ?エビの尻尾は食べれるのか?本当?ウソ?より)

 

つまり「エビの尻尾=ゴキブリ」ゴキブリは食べれる!!!(笑)

 

引用サイト

www.yutosato.work

 

昆虫食を食べるメリット

 

地球温暖化の防止

 

ウシは世界中で家畜として飼育されています.実は彼らののゲップには大量のメタンガスが含いるのです.

 

※メタンガスとは温室効果ガスであり,CO₂と同様に地球温暖化の原因となっている物質です.

 

ウシは反芻動物であり4つの胃を持ちます.そこに住む微生物は,牛が食べたものを分解し,その時メタンガスが発生します.

 

その量,なんと牛一頭で1日500リットルです.

 

他にもメタンガスを排出する家畜として,山羊・羊が知られています.

 

そして彼らが放出するメタンガス.その量年間約5.8億トンであり,石油や天然ガスより多い値となっています.

(UNFCCC, Green house gas Inventory Date 2015 より)

 

今世界では地球温暖化を止めるべく,この「ゲップ問題」を深刻にとらえています.

 

この解決策の1つとして,昆虫食は注目されています.

 

昆虫は高タンパク・低脂質,かつ彼らは牛のようにゲップを行いません.またコオロギなどは,すでに家畜として飼育されています.

 

つまり牛の代わりに昆虫がタンパク源にとなり食卓に乗り始めると,地球温暖化防止になるのです.

 

f:id:kazukjudo:20190319170928j:plain

 

コスパが良い

 

昆虫は他の家畜に比べて少なく食べて大きく育ちます.

 

FAOの報告書の一部を紹介します.

 

コオロギの体重を1㎏増やしたいとき,飼料は1.7㎏とされます.

 

しかし鶏・豚・牛の体重を1㎏増やすのに,飼料はそれぞれ2.5㎏,5㎏,10㎏必要です.

 

牛とコオロギを比較すると,その餌の違いはなんと驚異の5倍です.

 

コオロギすげ~

 

この昆虫の「コスパの良さ」の一因として,変温動物であることがあげられます.

 

我々人間は周りの温度に関係なく,36℃前後で体温を保ちます.このような生物を恒温動物と呼びます.上記の家畜たちもまた恒温動物です.

 

反対に環境に応じて体温を変える生物を変温動物と呼びます.変温動物には昆虫やヘビ・トカゲなどの爬虫類が含まれます.

 

恒温動物が体温を一定にする際,彼らは多量のエネルギーを消化します.そのエネルギーは,もちろん食事・餌から得ます.

 

反対に変温動物は体温調節をする必要がありません.

 

このような理由より,昆虫はコスパが良いのです.

 

f:id:kazukjudo:20200126181731p:plain

 

健康にいい

 

昆虫は高タンパク・低脂質です.多くの昆虫の乾燥重量の50%がタンパク質です.

 

脂質では必須脂脂肪・リノレン酸を多く含みます.リノレン酸はオメガ3と呼ばれる脂質です.これは体にいいとされ,主に血中コレステロール値を下げてくれます.

 

※必須脂肪酸…人間が合成できず,食べ物から摂取しなければならない脂肪のこと

 

また昆虫はビタミンBを多く含みます.種によって多少は異なりますが,カルシウム・カリウム・ナトリウム・リン・マグネシウム・硫黄・鉄・亜鉛なども多く含みます.

 

つまり,昆虫は体にいい!!!

 

f:id:kazukjudo:20200114182103p:plain

 

昆虫食が広がらない理由 and お勧め昆虫食

 

こんなにメリットしかない昆虫食.なぜ流行らないのでしょうか?

 

昆虫食が広がらない理由には,コストが高い・保存法が難しいなど様々な原因があると思います.

 

しかし最も大きな障害.これは…気持ち悪い!!!です.

 

「昆虫はエビと同じだし,メリットいっぱいだし,昆虫が食べたくて仕方がない!」

 

この記事を読んでこのように思うのは少数派だと思います.昆虫をバリバリ食べるなんて,見慣れませんもんね…

 

しかしいくつかの日本の企業は昆虫食を広めようと頑張っており,彼らの商品をAmazonなどの通販で買うことが出来ます.

 

中には昆虫を細かく加工したり,粉末にすることにより,昆虫食ビギナーでも食べやすいようになっています.

 

是非ここで,地球を救うために昆虫食を購入してみてはいかがですか?

 

ちなみに一番のお勧めはTAKEOのコオロギパスタタガメサイダーです.

 

コオロギパスタは普通においしいパスタです(笑) コオロギの風味(大豆みたい)を楽しみつつ,タンパク質・必須脂肪酸・鉄分を取ることが出来ます.

 

タガメサイダーでは,タガメ独特のミントのようなさっぱりした味を楽しむことが出来ます.

 

※このミントのような香りはタガメのフェロモンから来るものです.

 

Amazonで買えちゃう勧め昆虫食

 

コオロギパスタ,昆虫食,コオロギ

実際にコオロギパスタを食べてみた

 

まとめ

 

以上で昆虫食についての記事を終らせていただきます.

 

あなたが少しでも昆虫食について理解が深まった,もしくは昆虫食を手に取って頂けると幸いです!

 

もう一度Amazonで購入できる昆虫食のリンクを張っておきます.

 

Amazonで買えちゃう勧め昆虫食

 

 

また以下が今回の記事の参考文献となります.

 

参考文献

 

また「もっと昆虫食を知りたい!」という方がいましたら,今回の記事でもお世話になった日本の昆虫食第一人者の内山昭一著・昆虫食入門という本を読むことをお薦めします

 

内山昭一が昆虫食について分かりやすくまとめた 昆虫食入門 (平凡社新書)

 

これらのURLから商品を購入していただけると,このサイトにブログ運営費が入ります.もしよろしければご購入のほどよろしくお願いいたします!

 

 これで今回の記事を終りたいと思います.ご精読ありがとうございました!