ユトリとサトリのあいだ

大学生だったり時々、虫を食べたり

【完全保存版】英語のおすすめ参考書【大学受験編】

英語が成績の足を引っ張っててやばい!

でも何をしたらいいかわからない!

とりあえず洋楽でも聞いとくか・・・? 

 

 

このページに来てくれたみんなは英語できないという悩みを抱えてるはず。

苦しむ人

英語わけわからん!

このページでは実際の受験に特化した参考書選びをお手伝いします。

実際の英語力が身につくかどうか?ではなく大学受験に必要な知識だけを集めることに着目しています。

また受験では一冊の参考書をやり切ることが重要(=コロコロ参考書を変えたらダメ)というのは常識です。それに従ってこのページでは参考書を

文法編・単語編から一冊ずつ紹介しています。

「えっ、二冊だけでいいの?」と思った君。いいんです。

実はリーディングやリスニングは参考書を通して練習するよりも実際の問題を「解いて復習する。」のサイクルを繰り返したほうが遥かに効率が良い!

また複数の選択肢を提示すると、受験生諸君が迷ってしまうと考えました。次の二冊は万人向けの本であると同時に多くの先輩受験生が使い倒してきた本。信じてやり抜けば結果はついてくる一冊です。

 

 

この参考書達は国立大学現役合格の筆者が自信を持っておすすめする参考書です。

必ずや君の受験を成功へと導いてくれるでしょう。

君ならできる。

 

文法

一億人の英文法

最強の英文法書。

これだけやっとけばまず間違いない。

内容は基礎の基礎から全てが詰まってます。

この文法書は「話せる英語を最速で達成するための文法書」と書いてあります。

 

実際に僕は英会話を話すためにこの本を買いました。

なぜそれが受験生におすすめできるか?

 

理由1 文法書は読みやすさが全て

学校で配布されたり勧められている英語の文法書というのは語り口が硬く非常に読みづらいものが多いです。

この文法書は会話のような気軽さとテンポで進んでいくためとても見やすい!

 

理由2 イラストと図が豊富

教材を読んでいるとどうしても文字だけだと眠たくなってしまいます。受験教材にはそのようなものが多い。しかし、この文法書はイラストと図がふんだんに使われており、イメージとして文法のルールを捉えることができます。

 

理由3 ネイティブスピーカーの日本人が共同執筆

この本は東洋学園大学の教授・大西泰斗氏と駒澤大学教授・ポールマクベイ氏が共同で執筆されています。

二人とも語学教育に携わる人です。

ポールマクベイ氏はイギリスのアイルランド生まれのネイティブスピーカー。ネイティブでしかわからないような微妙なニュアンスの違いが僕たちにもわかるように丁寧に書き込まれています。解説がかなり丁寧で、わからなくなりそうなところを先回りして教えてくれます。

 

使い方:受験期前半

一度、さらーっと全体を流し読みしましょう。

この時に深く理解しようとしないこと。初回で全てを理解しようとするのはかなり難しいです。特にこの文法書は読みやすいといえど、網羅性が高く600P以上の内容があります。

そのため最初は流しましょう。

この文法書は「完了形」「副詞」などのように単元ごとにセクションが分かれています。

全体を流し読みした後に、苦手な単元を1つずつ勉強して行きましょう。完了形が苦手なら完了形から!1単元やったら実践(問題を解く)に戻り定着度を確かめましょう。地道ですが受験の王道はインプット→実践→復習です。

これを徹底できたら君の受験に必ず光が見えてきます。君ならできる。

使い方:受験期の後半

受験期の後半戦では教科書的にこの本を使おう。後半では過去問を解く量が多くなるはず。

流れ的には実践でわからなかったところを一億人の英文法で確認する。→実践に戻る。

という流れ。

理想としては後半戦までにある程度この本に書かれている英文法を理解しておくこと。そうすれば後半戦での復習は一気に効率が良くなります。

 

 

単語

システム英単語

 

受験英語単語帳界の王様。揺るぎない一位、システム英単語。通称シス単

シス単をおすすめする理由はズバリ、一つの英単語に対して一つの意味しか載っていないから

 

どういうことか?

 

英単語には基本的には複数の意味がある。

例えば動詞の「play」であれば

  1. 〔遊びを〕する、〔球技を〕行う、試合[対戦]をする、競技をする
  2. ごっこ(遊び)をする
  3. 〔楽器や曲を〕弾く[演奏する]、〔ラジオやCDなどを〕かける
  4. 〔役などを〕演じる
  5. 〔役割を〕果たす

このように(実際にはもっとあるが)playという単語に対して沢山の意味が対応しています。それを使い分けるのがネイティブスピーカー。

 

これらすべての意味が受験で必要だろうか?

否、必要ではない。受験に必要な英単語を覚えれば受験には勝てます。

他の単語帳の多くは、複数の意味が記載されており時間を食います。

 

「いやいや、どうせ勉強するんだったら実用的な英語を身に付けたいよ!」

 

というそこの君。欲張るんじゃない

 

まぁ気持ちはわかる。

でも英語を使えるようになるには膨大な時間がかかる。

英語だけしかしないんだったらいいんだけど、受験には英語の他にも多くの科目があり英会話をマスターするほどの時間は捻出できないはず。実用的な英語を目指すなら、大学に入ってからでも遅くはない。

ここの切り替えは意外と大事で、アレもコレもやろうと思うとものごとはうまく行きません。受験においては特にそれが顕著です。なぜなら一年という時間は多くのことを覚えるにはあまりにも短いから。限られた時間の中でいかに得点を伸ばせるかというゲームの中では、背伸びをしすぎるのはあまり良いことではないでしょう。

というわけでおとなしくコツコツとシス単

複数の意味が頻出の英単語は、実践の中で何度も出会うはず。そん時は、復習で覚えるんだ。戦いの中で進化することも忘れちゃいけない

 

 

使い方:受験期前半

覚える→実践→復習

以上。

 

覚え方などは十人十色なので君に任せる。

書くのもよし、音読もよし、見るだけもよし。

ただし覚えたつもりは良くない。しっかり実践と復習を重ねて覚えたつもりをなくしていこう。

君ならできる。

 

使い方:受験期後半

覚える→実践→復習

以上だ。

 

単語に関しては前半と後半でやることは変わらない。やればやるほど力がつき成果が出る。これが英単語。

くどいようだが君ならできる。自分を信じて頑張ってくれ。

 

ちなみにシス単にはシステム英単語Basicなるものが存在する。内容をより英語が苦手な人用・英語初心者用に作ったものだ。僕は実際に使ったことはないが誰かの助けになるかもしれないのでココにリンクを貼っておく。

 

おわりに

受験生の君たちに余計な事は言わない。

単語と文法を極める。実践する。復習する。

これが受験英語の全て。

君ならできる。

 

継続できない君はこれを読め。

www.yutosato.work