ユトリとサトリのあいだ

大学生だったり時々、虫を食べたり

【SNS・スマホ依存者必見】あなたは時間を無駄にしていないか?「自分の時間を生きる」方法を徹底解説!

 

こんにちわ,当サイト運営者のDoです.

 

最近,よくスマホ依存症という言葉を耳にします.いつ何時もスマホを持っており,暇さえあるとスマホをいじる人を言います.

 

ちなみに私も重度のスマホ中毒者です.

 

f:id:kazukjudo:20190913222314j:plain

 

私はそのスマホを何となーく,いじっている時間が非常にもったいないと感じます.何故なら,この時間からは何も生まれないからです.時間をドブに捨てています. 

 

これを知っても尚スマホをいじりる.情けない…

 

YoutuberのAKIOさんは,動画内で「自分の時間を生きる」とおっしゃっていました.

 

かっこいい!!!非常にかっこい!!!

 

感動しました.

 

これを深く考えれば考えるほど,この言葉は人生をより良いものにしてくれることに気づきました.

 

本日はSNSスマホ依存者に向けた,「自分の時間を生きる」大切さと具体的な方法を述べたいと思います.

 

もちろん,スマホ依存者の自分に向けても書きます.

 

では内容へ.

 

f:id:kazukjudo:20190823221305j:plain

 

 

AKIOさんの考える「自分の時間を生きる」

 

www.youtube.com

 

AKIOさんは毎日を全力で生きるために,以下の10個のことを実践しています.

 

1.自分にコーチをつける

2.メモを書く

3.熱を共有する仲間をつくる

4.熱の高い人と関わる

5.朝の時間を使う

6.自分の時間を生きる

7.亜鉛を摂取する

8.筋トレをする

9.23時までに寝る

10.太陽の光で起きる

 

私はこの6番目の「自分の時間を生きる」という言葉に感動を覚えました.

 

テレビを家に置かない。
SNSで他人の投稿をダラダラ見ない。
YouTubeをダラダラ見ない。
自分の時間のみを生きるという意識。(AKIOブログより)

 

これがAKIOさんの考える「自分の時間を生きる」という意味です.

 

AKIOさんは,あまりテレビ・SNS・他人のYoutube興味がないので,そこに時間を割くのはもったいないと考えています.

 

AKIOさんの7番目にある,自分の時間を全力で生きる7番目・亜鉛を摂取するについて詳しくまとめた記事を下に貼っておきます.

 

亜鉛絶大な効果をもたらしてくれます.是非下の記事を読んでみてください.

 

【テストステロン値上昇】QOLが上がり,女性にモテて,男らしくなれるサプリ・亜鉛を買ってみた. - ユトリとサトリのあいだ

 

【男性必見】テストステロン値が爆上り?1ヵ月亜鉛サプリをを取り続けた結果とは - ユトリとサトリのあいだ

 

f:id:kazukjudo:20190727171842j:plain

 

自分の時間を生きるとは

 

「自分の時間を生きる」とは,AKIOさんの解説に加えてもう5つの意味が存在します.

 

・やりたいことをする

・目標を持って生きる

・後悔しない

・幸せを追い求める

・1人の時間を長くするわけではない

 

この5つが「自分の時間を生きる」という意味です.

 

では詳しく見ていきましょう.

 

f:id:kazukjudo:20190913222618j:plain

 

やりたいことをする

 

 1つ目が,「したいことをする」ことです.

 

自分がしていて幸せだと感じられることこそが,「自分のしたいこと」です.

 

あなたが幸せだと思うこと,例えば美味しいご飯を食べる・友達と会う・好きなアニメを見るなどなど,幸せになるために時間を使いましょう.

 

これが「自分の時間を生きる」ために最も大事なことだと思います.

 

あなたがテレビ・スマホYoutubeを見る時間が本当に幸せな時間と感じるのであれば,これらに時間を割くのはいいです.

 

しかし後から述べますが,あなたがもしこのような時間の使い方をして後悔するならば,これは「自分のしたいこと」ではありません.

 

f:id:kazukjudo:20190219183803j:plain

 

目標を持って生きる

 

目標を持って生きると人生に「生きがい」が生まれます.

 

目標もなしにボーっと人生を生きると,気づいたらあっという間に時間が過ぎてしまい,後悔すると思います.

 

目標を持っていると,その目標達成のために努力することが出来ます.

 

努力しているときは本当に楽しい時間です.自分のスキルが上がっている感覚・目標に近づいている感覚が何とも言えません.

 

目標がない人生など,味気ないくて寂しいです.

 

英語をしゃべれるようになりたい・ムキムキになりたいなど大きな目標を持つのもいいです.反対に,1日1膳を行う・困っている人を見たら助けるなどどんなに小さな目標でも全然OKです.

 

最低1つでも目標を持って生きる,これが「自分の時間を生きる」秘訣です.

 

f:id:kazukjudo:20190913222746j:plain

 

後悔しない

 

あなたは長時間スマホをいじった後に幸せだと感じますか?おそらく無駄な時間を過ごしたなと後悔するでしょう.

 

のちのちに後悔するような時間の使い方は,自分の幸せには繋がりません.

 

自分がその時やっていて本当に楽しいこと・楽しかったと思えることに時間を使いましょう.

 

 

幸せを追い求める

 

人生は,金・名誉のために生きているのではありません.

 

幸せを感じる・幸せになるために生きているのです.

 

時間とは永遠にありません.だらだら過ごすと一瞬で人生が終わります.幸せのために生きることが大切です.

 

f:id:kazukjudo:20190913222929j:plain

 

1人の時間を長くしろという意味ではない

 

「自分の時間を生きる」と聞くと,1人で時間を過ごすことのように聞こえますが,これは違います.

 

友達・恋人といる時間が幸せならば,自分の時間を生きれています.

 

また,仕事仲間・クライアントと目標のために努力している時間,これも「自分の時間を生きる」が達成できています.

 

勘違いしてほしくないのが「自分の時間を生きる」とは,何も1人で時間を過ごせという訳ではないのです.

 

f:id:kazukjudo:20190913223339j:plain

 

自分の時間を生きるメリット

 

自分の時間を生きることが出来るようになると,以下のメリットが生まれます.

 

・幸せに感じる時間が増える

・後悔しない生き方が出来る

 

先程も言いましたが,人生とは金・名誉のために生きるものではありません.

 

幸せになるために生きるので

 

また,自分の時間を生きれると後悔することも少なくなります.

 

つまり,この考え方は人生をよって最高のものにしてくれるのです.

 

 

「自分の時間を生きる」方法を知るには

 

ここでは具体的にあなたがどうすれば,「自分の時間を生きる」ことが出来るかを知る方法をご紹介します.

 

その方法がこれです.

 

f:id:kazukjudo:20190913221922j:plain

 

 まず白い紙に「自分がよくすること」を書き出します.

 

その次に,これをしている時は幸せか・後々の幸せにつながるかを考えます.

 

今幸せかどうかの指標

◎→とても幸せ

〇→まあまあ幸せ

△→あまり幸せではない

 

後々に幸せかどうかの指標

☆→幸せになれる

?→分からない・場合による

×→後悔する

空欄→生活するうえで必須

 

私は以上のように印を分けてみました.

 

いざ描いてみると,いろいろなことがこの表から分かります.

 

◎☆の時間をもっと増やし,△×の時間を減らすと,より自分の時間が良きれるようになります.

 

また△☆の項目,私では「英語を勉強する」は,行っているときは幸せではないが,将来には役に立つことです.

 

つまり,私は出来れば後悔しないために,英語を勉強した方がいいことが分かります.

 

このように,この表を書くと一目瞭然で「自分の時間を生きる」方法がわかるのです.

 

f:id:kazukjudo:20190913224221j:plain

分かったこと

 

まとめ

 

・興味のないことをしない

・やりたいことをする

・目標を持って生きる

・後悔しない

・幸せを追いかける

・1人でいる時間を長くしろとするわけではない

 

これが自分の時間を生きるためにすべきことです.

 

簡単にまとめると,幸せに感じる時間を増やす・将来の幸せのために時間を使うことこそが,「自分の時間を生きる」という意味です.

 

 また自分が何をすれば幸せか・幸せになれるかを知るには,すべてを白紙に書き尽くせばよいのです.

 

前田裕二「メモの魔力」で書かれていたことですが,紙に書くという行為は頭の中を整理してくれる効果があります.

 

これによって今まで見えなかったことが見えるようになるのです.

 

是非めんどくさがらずに,白い紙にすべての時間を書き尽くしてみてください.

 

今回はこれで記事を終了します.

 

我々「ユトリとサトリのあいだ」はTwitterを運営しています.下にリンクを張っておきますので,フォローの方よろしくお願いします.

 

twitter.com

 

引用参考文献

「前田裕二,メモの魔力」