ユトリとサトリのあいだ

大学生だったり時々、虫を食べたり

【シリーズもの】猫が好きな人におすすめする厳選小説3作

f:id:minotake1106:20190704000250j:plain


 

これまで猫が好きな本をタイプ分けして紹介してきたシリーズもついにラスト。

 

最後の今回の題材は「シリーズもの」

 

すでにシリーズになっているものは、読み始める、読み続けるのに多少の労力を要する。でも本当に面白い作品が多いので、これを機会に挑戦しよう。

 

 

猫の小説【シリーズもの】とは

 

ここでいうシリーズものとは、主に長編小説のことを言う。

 

そして長編小説のなかでも、主要キャラクターやストーリーの舞台が同じのものが何作も作られているものをシリーズものと呼ぶこととする。

 

普通の長編小説が定食とすると、シリーズものはいわばコース料理のようなものである。

 

それぞれがこだわり抜かれた一品ながら、大局的には別々の役割を持っている。このようなイメージである。

 

猫の小説【シリーズもの】の魅力

 

シリーズものの魅力はその大きな流れにある。

 

たしかに1つ1つの作品の面白さも素晴らしい。

 

しかし、徐々に明かされていく登場キャラの秘密や、時々刻々と変化する人間関係などに面白さがある。

 

猫に関して言うと、主に1匹の猫・複数の猫をメインキャラとして描かれたシリーズと、複数の猫がサブキャラとして描かれた2種類がある。

 

猫がメインキャラとして描かれたものは話の中心に猫がいるので、些細なネコ描写を楽しむことができる。

 

この猫の不思議な行動が、話にどんな影響を与えているのか?といった楽しみや、あーあるある〜というような親近感を味わうことができる。

 

対して猫がサブキャラとして描かれているものは、複数の猫が登場したり、出なくなったりすることがある。

 

これはこれで沢山の猫の性格を楽しんだり、出会いや別れを楽しむことができる。

 

また、好きな猫キャラクターが久し振りに活躍したりすると大いに盛り上がる。

 

猫のシリーズものにはこのように、さまざまな魅力が存在するのである。

 

オススメの猫小説【シリーズもの】

 

それでは本題のオススメの猫小説を紹介していこう。

 

三毛猫ホームズシリーズ

 

まずは猫のシリーズものでは欠かすことはできない、赤川次郎さんの「三毛猫ホームズシリーズ」だ。

 

名前くらいは誰でも聞いたことがあるかもしれない。小説に始まり、TVドラマや漫画にもなった、傑作である。

 

その内容は僕が思うにミステリー小説ど真ん中。この小説にはひみつ道具や、やたら濃いキャラクターは出てこない。

 

しかし高度かつ謎解き後にはちゃんと納得のいくトリックがしっかりと組み込まれている。

謎の質、そして謎解きの質が非常に高い。

 

そこにアクセントとして加えられているのが「三毛猫」である。

 

良質のミステリーと見事なまでに解決してしまう猫の構図がなんともたまらない。この動物が謎解きをするという、今でも時々用いられるアイディアのパイオニアといってもいいだろう。

 

猫が彩る最高のミステリー小説をとくと堪能して欲しい。

 

 

 

黒猫王子の喫茶店シリーズ

 

こちらは新進気鋭の作家である高橋由太さんの大人気シリーズ。

 

この本の特徴はいろんな性格の猫が登場することだろう。

 

人間に性格があるように、猫にも性格がある。この小説では猫が人化することによって猫の性格を人間風にして表現している。

 

動物の感情を人間に置き換えることは、時に禁忌とされることかもしれない。でもこの小説に登場する猫たちは、こんな猫いるよなーって思ってしまう猫ばかりだ。

 

そんなキャラクター性に富んだ猫たちが営む喫茶店で起こる、大なり小なりのエピソード。

 

そんな多種多様な事件に挑む姿を、まるで隣で見ているかのような体験ができる描写が非常に面白い。

 

ほのぼのとしたストーリーが好きな人や、個性的なキャラクターが好きな人はぜひ読んでみてほしい。

 

 

 

猫弁シリーズ

 

最後に紹介するのは大の猫好きである大山淳子さんの代表作である「猫弁」シリーズ。これは僕が一番好きな猫小説でもあります。

 

主人公の百瀬太郎は一見冴えない天才(奇才?)弁護士。ひょんなことから実質ペット問題専門の法律事務所を持つことになってしまった。特にその発端となった「猫」には強い縁があり、事務所には事件で飼い主がいなくなったり、事務所前に捨てられた猫たちが常に10匹以上いる。

 

そんなお人好しの百瀬に降りかかる難題を持ち前の頭脳で鮮やかに解決していくのが本作の魅力。

 

またシリーズの特徴は物語の展開にある。同じ世界線のなかで複数の物語が同時進行で進んでいき、最後の場面で全てがつながる構成になっている。

 

ジャンルはミステリーながら、上記の三毛猫ホームズシリーズとは対象的に謎というよりは人間模様や、心温まるハートフルなストーリーがメインである。

 

時に物語の登場人物と一緒に泣いたり笑ったり、怒ったりできるのが新鮮で、誰でも楽しむことができる。

 

 

 

長編猫

www.yutosato.work

短編猫

www.yutosato.work