ユトリとサトリのあいだ

大学生だったり時々、虫を食べたり

分かりやすい猫アレルギーの症状

 

僕を含む猫好きにとって最大の天敵猫アレルギー。猫アレルギー持ちの中には、もっと猫とたわむれたいのに我慢している人も多い。

 

 

そんな人がいるいっぽうで、自分が猫アレルギーかどうか確信が持てない人もいるだろう。どんな症状が出たら猫アレルギーなのか?それを知ることで好きな猫とさらに良い関係を築くことができる。

 

そこで今回は猫アレルギーにどんな症状があるのかまとめてみた。

 

 

猫アレルギーの症状がでるメカニズム

 

アレルギーとは本来はヒトの体を守る免疫システムの一つが、誤って暴走した状態である。

 

猫アレルギーの原理も基本的には花粉症や他のアレルギーと変わらない。

 

体の中に異物が入ることで免疫システムは稼働する。入ってきた異物に対して体は抗体を作ることで無毒化する反応を起こす。その後特殊な細胞に食べさせることで体は異物から守られる。

 

この時、抗体や異物と結合するマスト細胞という細胞が存在する。マスト細胞はある程度の抗体と結合するとヒスタミンに分泌する。ヒスタミンは血管の拡張や、気管支平滑筋の収縮によって異物を減らそうと働く。

 

f:id:minotake1106:20190619230527p:plain

ヒスタミン



 

この免疫反応は正常に働けば何ら問題はないが、時として暴走を起こすことがある。その一つがアレルギーである。アレルギーでは基本的に体に無害な物質に対してもこの免疫反応が働く。

 

猫アレルギーでは猫の毛やフケに対して体が過剰に免疫反応を起こしてしまうことで、ヒスタミンが過剰に分泌される。そうすることでさまざまな症状が生じてしまう。基本的には猫アレルギーも花粉症やその他のアレルギーと同じなのだ。

 

漫画の「はたらく細胞」ではこれらの仕組みを分かりやすく学べるからおすすめだ。

 

 

 

猫アレルギーにはどんな症状がでるか

 

猫アレルギーといえどもアレルギーの一種であるから、花粉症などと症状は同じである。代表的なものに以下のものがある。

 

・鼻水

・目のかゆみ

・蕁麻疹

・くしゃみ

・喘息

 

猫に触れたり、猫のいる空間に入った際にこのような症状がでると猫アレルギーである可能性が高い。ただこれらの症状にはその大きさから、発症する種類まで個人差がある。そのためこれが全て発症するとは限らない。

 

僕などは鼻水や目のかゆみはすごいが、蕁麻疹が出たことはないし、症状もそこまで重大なものではない。

 

症状がでる時期

 

猫アレルギーの発症時期にもまた個人差がある。例えば僕は高校生で発症したが、僕の友人は小学校のときから発症していた。

 

これらの時間差は主に環境変化と遺伝的な要因が関与している。

 

妊娠や生活リズムの変化などによって体に変化が生じる。これによって今までは抗体を作らなかったものに抗体を作ってしまいアレルギーが発症する例などがある。

 

また抗体のつくられやすさは遺伝的に決まっていると言われており、両親や兄弟、祖父母のアレルギーの有無は参考になるかもしれない。

 

つまりはいつまでに発症しなければ安全ということもないし、この年齢だから発症しやすいというのも厳密には決まっていない。

 

まとめ

猫アレルギーは他のアレルギーと同様に、免疫反応が猫のフケなど無害な物質に働くことで生じる。発症時期は人それぞれで、症状も個人差が大きい。