ユトリとサトリのあいだ

大学生だったり時々、虫を食べたり

【ブログが書けないヒトに告ぐ】それでもボクはやってない(ブログを)

 

とりあえず、この記事を読んでくれ

 

www.yutosato.work

 

なにを隠そう、ここに書かれた「ブログを書かない友人」とは、まさしく僕である。アルバイトを週4回入って、時間がないと言い出しているのも僕である。

 

読者の中には信じていない人もいるかもしれないが、そんなことはどうだって良い。確かなことは、僕がブログを書かなすぎて“ブログで”説教を食らったことだ。

 

 

僕がブログを書かない本当の理由

 

なぜ僕はブログを書かないのか。

 

冒頭の著者である友人は、僕が頑なにブログを書こうとしない理由を4つの観点から分析した。それは、めんどくさい現状収益がな儲かる目処がたたないうさんくさい、というもの。確かに、あながち間違ってはいないだろう。

 

ブログ経験者ならわかると思うが、ブログを書き続けることは本当に大変だ。

 

自分の持つ情報をまとめてわかりやすく読者に伝えるだけでなく、読者が望んでいる情報を的確に盛り込まなければ読まれることはない。何度も修正を加えては見直し、また書き直す作業は想像以上にしんどい。

 

それでいて収益がないのではやってられない、という気持ちも確かにないことはない。しかしながら、僕がブログを書かない本当の理由は他にある

 

優先順位

複数の肩書を持つことは、そのどれもにおいて職務・責務が課されるということである。僕には大学生という肩書だけでなく、部活動の幹部やアルバイト店員という一面がある。そしてそれらのいずれにおいても、「やるべきこと」が存在する。

 

さらに人はやるべきことだけで生きているわけではない。僕も「やりたいこと」をたくさん持っている。それは語学の学習であったり、読書であったりするような高尚なものから、ダラダラ漫画を読みたい、お昼寝したいというような低俗なものまでさまざまだ。

 

多くの人に「やるべきこと」と「やりたいこと」が存在するが、どんなに仕事のできる人間であっても全てを同じ熱量でこなすことはできない。

そのため、必ず「優先順位」というものを設定する。一般的には優先順位は「重要性」と「緊急性」によって決まっている。

 

僕の場合、ブログよりも部活、テストや講義のほうが優先順位が高い。それは僕の価値観によって決まっている。

 

部活をできる期間も徐々に少なくなり、好きなスポーツを長くやりたいし、単位を落として留年したくない。対してブログはいくら書かなくても、単位を落とすこともなければ、できる期間が短くなるわけでもない。

 

必然的にブログの緊急性は低くなる。

 

またやりたいことと比較してみても、ブログは劣ってしまう。

やりたいことは楽しくてやっていることが多く、まだ書くことに楽しさを見いだせてない自分には、空いた時間にブログを書こうとはなりにくい。また語学学習や読書のように今後の人生をより有益にできそうなものに魅力を感じざるを得ない。

 

僕の中でブログの重要性はそこまで大きくないのだ。

 

そのため、どうしてもブログにかけることのできる時間が短くなってしまう

 

成功体験までが長い

彼の分析の中に「いつ稼げるようになるのか想像がつかない」とあるが、つまりは成功の体験をできるまでの時間が長いということだ。

 

長く続ける技術の一つに「スモールステップ」がある。小さな目標をたてて継続的にかつ段階的にクリアすることで、達成感を生み出しモチベーションにつなげるというものだ。

 

studyhacker.net

 

ただしブログに関してはこのスモールステップというのが非常に難しい。

 

特にブログで収益を挙げることを最終的な目標としたとき、小さな目標を立てづらい。具体的に言うと、まずブログで収益をあげようとしたときPVを増やすことが非常に重要になる。これは冒頭の記事からもわかる。

 

そしてPVを増やすためには、ある程度記事数を増やす必要がある。つまり記事を書くためのモチベーションとなるべき小さな目標が、記事を書くことになる。

これでは堂々巡りでモチベーションが保てないのだ。

 

また記事の良し悪しはすぐにはわからず、2〜3ヶ月後にPV数として分かるようになる。そのためにはじめの2〜3ヶ月はモチベーションが落ちてしまう。これも僕がブログを書かない原因となっている。

 

 どうすれば僕はブログを書けるのか

 僕がブログを書くためにはどうすれば良いのか。それには自分の中の優先順位をあげ、成功体験を積み上げる必要がある。

 

そのためには適切な目標を設定するのが手っ取り早い。

 

世界的な講演会であるTED talkで講演をしたエンジニアのジョン・ドーア適切な目標を設定することの重要性を説いている。

 

目標設定のために彼はOKRという手法を提案している。OKRとはObjectives & Key Results(目標と主要成果)の略で、目標によって目指すべき方向を決め、主要成果によってこれを評価していく手法だ。

 

詳しく説明しよう。目標とは何を成し遂げるかという最終的なゴールを言う。しかしこれは最終的な目標ならば何でも良いわけではない。

成し遂げたいものへの情熱と目的意識がうまく組み合わさった、明確なものでないといけない。つまりは「なぜブログをかくのか」という意志である。

 

「お金が稼ぎたい」のか「有名になりたい」のか。はたまた「自分のブログで世の中を変えたい」のか。自分を動かしてくれる目標である必要がある。

 

主要成果とはそれをどのように実施していくかということを意味する。お金を稼ぎたいのなら、どのように稼ぐのかという指標が必要だ。これには具体的な数値で設定することが必要だ。なんの議論の余地もなく、達成できたか、できなかったかがはっきり分かるようにすればいい。

 

ブログで言うならPV数などが良い指標になる。ただ先程も言ったようにPV数が出るようになるためにはある程度の記事数と時間が必要だ。そのために工夫を加えねばならない。

 

www.ted.com

 

例えばブログと好きなことや、やりたいことを組み合わせる方法がある。ここにあるようにTEDを見ることで得られた知識を共有することに何かしらの楽しみを見出すことができれば最高だ。

 

まとめ

 

これまでブログを書かなすぎてついにどやされてしまったのでそろそろ頑張ろう。

この記事がブログで稼ぎたいけどモチベーションの上がらない人の何かしらのインスピレーションになることを期待したい。