ユトリとサトリのあいだ

大学生だったり時々、虫を食べたり

【継続は力なり】また三日坊主?英語の勉強を継続するたった3つのコツ

 

 

  1. 失敗しても再開する
  2. 絶対に無理な目標は立てない
  3. 友達を作る

 

英語学習の三日坊主を世界から無くしたい。

そんな使命感を持ってこの記事を書いています。

 

誰しもが、

「今年中に○○を達成する!今日から毎日○○する!」 

といった目標を立てて失敗した経験があると思います。

 

挫折

挫折した経験、もちろん僕もあります

Googleで「英語 継続」と調べれば無数の継続法の記事がヒットします。

 

しかし僕から言わせれば、これらの継続法を語っている記事には英語学習を継続するために必要な大事な3つの要素が抜けています。

その二つの要素とは

1:失敗しても再開する

2:絶対に無理な目標は立てない

 3:友達を作る

という一見、超簡単に見える3つです。

今回は英語の勉強というひとつジャンルに絞って、その継続法をシェアしていきたいと思います!

 

英語の勉強はなんで継続できない?

継続法に先立ち、なぜ多くの人が英語の勉強を継続できないかを分析しましょう。

 

習得にめちゃくちゃ時間がかかる

英語は言語という特性上、マスターするのにかなりの時間がかかります。2年以上継続して英語を勉強している僕でも、いまだにわからない単語は無数にあります。会話においては、日常会話はできますが込み入った話になってくるとかなり厳しいものがあります。

つまり日本人にとって英語はちょっとやそっと勉強したくらいで習得できるものではないということです。これが多くの日本人英語学習者のやる気を削ぎ、挫折に導く大きな原因の一つです。

 

 

明確な目的がない

2つ目に多くの人が「なぜ英語を勉強したいのか?」という目的が曖昧なまま英語の勉強を始めてしまうということが挙げられるでしょう。普通はゆるい目標を立てるのは悪いことではなく、継続を促す良いことです。しかし前述の通り英語の勉強には非常に多くの時間がかかるため長期的な目標を立てることは不可欠です。

なぜ英語を勉強したいのか?その先に何があるのか?という2つは意識しておいて損はないでしょう。

 

よくわからない勉強法が溢れている

今の日本は英語学習ブームです。

スピードラーニングをはじめとした、「〇〇日で英語が喋れるようになる!〇〇日でTOEIC満点!」のような教材が溢れかえっています。こんな状況では何を信じればいいかわかりません。これもまた勉強をやめてしまったり効率の悪い方法をとってしまうことにつながります。

 

 

継続して英語学習を続ける方法に正解はあるのでしょうか?

実は僕もこの問題には非常に苦しみました。しかし何が正解かわからず色々やってみた結果、英語学習を長く続けるためには3つのポイントがあるという結論が出ました。

 

1:失敗しても再開する

大抵の物事において始めることは簡単で、続けることははるかにそれより難しいです。

もちろん英語も一緒。

あなたもこのことは身をもって知っていると思います。今まで挑戦した勉強、ダイエット、筋トレについて思い出してみてください。

本来、継続というものはかなりのエネルギーを要する厳しいチャレンジです。

「継続法とかいいながらいきなり失敗前提かよ!」

その通りです。

あなたが英語を聞き取れるようになって英会話を楽しめるようになったり、英語の試験でいい点を取るためには長い長い時間がかかります。

それは半年かもしれませんし、一年以上かかるかもしれません。英語は時間がかかります。

一年以上努力を要することをずっとやり続けるのはかなり難しいです。多分あなたはどこかで挫折すると思います。

でも、再開してください。

やらずに自分のモノにすることはできません。失敗しても挫折してもいいです。

「もう一回やろうかな」という気持ちを大切に、できるだけ早く再開してください。

 

まとめ

 失敗してもめげるな!もう一回始めろ!

 

2:絶対に無理な目標は立てない

あなたが何かを達成したいと思ったときに大事なことは、目標のハードルをできる限り下げることです。

www.ted.com

「30日間は習慣化するためにもっとも適した目安だ」とGoogleに勤めるマットカッツは語ります。しかし僕は30日でも最初の目標達成には長すぎると考えています。

 

最初は一週間続けることにチャレンジしてみましょう。一週間を達成できたら一ヶ月二ヶ月と目標を伸ばしてみましょう。やってみたらわかりますが一ヵ月新しいことに挑戦するのは想像以上にエネルギーが必要です。一ヵ月やりきった達成感で努力をやめてしまう可能性もあります。一週間というなんだか物足りないような時間がちょうどいいのです。

 

期間を短くすると同時にやる内容のハードルを下げることも非常に重要です。

TOEICを例に取れば今、500点しか取れないけどが一ヶ月の勉強で800点を取るという人がいたとします。これはかなり無謀です。

メンタルが強く、勉強時間が沢山取れる人であれば不可能ではないかもしれません。

しかし、普通の人ならなかなか上がらない点数にやる気を削がれ、忙しい日々でなかなか勉強時間が確保できずに挫折するのは目に見えています。いま500点しか取れないのであれば次は600点といったように目標点を細かく刻んでいくことが重要です。

地道な作業ですが、長い冬を耐えれば必ず春が来ます。

 

まとめ

目標は低く低く!積み重ねた先に道はある!

 

3:友達を作る

英語を喋ることのできる友人を見つけることは英語学習、特に英会話をしたい方には不可欠です。最近は日本に在住する外国人の人も増え、英語を喋れる友達を見つけるのはそれほど難しいことではないと思います。

アウトプットの場を設けることは継続するには必要不可欠なことです。これは持論なのですが、英語を学ぶ人が英会話をマスターしようとしないのはかなりもったいないことだと思います。英語というのはコミュニケーションツールとしては最強です。英語を喋れる人は世界におよそ20億人いると言われています。

英会話をマスターさえできれば彼らと友達になることができます。日本語を喋れる人は1億人しかいません。友達になれる人の数が20倍になってしまうのです。

友達ができることで、教科書の中だけではわからない表現を知ることができたり新しい文化についても勉強することができます。

 

英語という言語の魅力の1つは、世界中の人とコミュニケーションをとることができるようになるということです。この楽しみは英語を継続させる原動力になることは間違いありません。

 

Warning!

注意!

ここで注意して欲しいのは、

相手に英語を無理に話さないということです。

「どういうことやねん!?」

という言葉が聞こえてきそうです(笑)

どういうことかというと、日本人英語学習者の中には英語を喋りたいがあまりに、相手の外国人の方が日本語を喋っているにもかかわらず無理に英語を喋る人がたくさんいました。

日本に来る外国人の方は、日本の文化や言語を学んでいる人がほとんどです。英語を伸ばしたい喋ってみたいという気持ちはよくわかります。しかし会話というのはバランスや楽しむことが大事です。自分勝手に話を進めないようにしましょう。

これは特に英会話を学びたてのうちはやりがちなミスです。もし相手が日本語を喋りたそうであれば相手に合わせることも重要です。仲良くなった後に「英語を勉強してるんだけど」などと言って英会話の練習をしたい旨を切り出すのが自然です。

 

また英語の勉強をしている日本人の友達も見つけるといいでしょう。

目標達成のテクニックの一つにチームメイキングというものがあります。

これは一緒に頑張る人を見つけることで挫折のリスクを減らすコツです。

 

まとめ

ネイティブの友達を作って生の英語に触れろ!一緒に勉強できる友人を作れ!

 

 

 

 いかがだったでしょうか?

根性だけでは目標達成はできません。ゆる~く失敗してもめげずに楽しく、けれど真剣に頑張っていきましょう!

僕もまだまだ勉強中です。

英語を勉強する皆さんを応援してます。僕も頑張ります!