ユトリとサトリのあいだ

大学生だったり時々、虫を食べたり

【書評】羊と鋼の森,宮下奈都 ※ネタバレ注意

 

こんにちわ,当サイト運営者のDoです.

 

本日は本屋大賞を取り,近日実写化公開予定の大人気小説「羊と鋼の森」の書評を行いたいと思います.ネタバレが多数ありますので,ネタバレが嫌いな方はここから先は読み進めないでください.

 

では,見ていきましょう.

 

高校生の時,偶然ピアノ調律しの板取と出会って以来,調律に魅せられた外村は,祈願の調律師として働き始める.ひたすら音と向き合い,人と向き合う外村.個性豊かな先輩たちや双子の姉妹に囲まれながら,調律の森へと深く入っていくー.一人の青年が成長する姿を温かく静謐な筆致で描いた感動作.  解説:佐藤多佳子

 

f:id:kazukjudo:20190417172356j:plain

 

 

 

概要 

 

なんの変哲もない,何もこだわりがない森の中で育った男子高校生外村.彼の人生はたった一人の男,ピアノ調律師の板取と出会うことで大きく変わる.板取のピアノの調律は,外村に衝撃を与え,生まれ育った「森」を思い浮かばせた.

 

外村は,それまで音楽の教養が全くなかったが,ピアノ調律師になることを決意.板取勤める「江藤楽器」に入社し,調律師となった.

 

外村は3人の個性的でピアノに熱心な先輩に調律を教えてもらう.

 

1人目は,最も年齢が若い柳.柳はピアノの調律はもちろん,顧客とのコミュニケーションも非常にうまい.優しく,面倒見のいい人物だ.

 

2人目は,他人に冷たく無口な秋野.ピアニストを目指していたが,自分の才能の無さを自覚し,調律師になる.調律の天才過ぎる板取の才能をまじかに見ることにより,自分の調律の才能の無さを自覚しながらも,自分の調律で顧客を魅了する.

 

3人目は,外村の人生を変えた板取.作中では,海外の有名ピアニストがわざわざ板取の調律したピアノを弾くために来日する.それほど,板取の調律は天才的であるのだ.外村が行き詰ったときに,適格なアドバイスを与える.

 

外村は客が喜ぶピアノ・完璧な音のピアノの調律を目指し,努力に努力を重ねる.また,自分がどのような顧客を相手に,どのような音色のピアノを目指すか苦悩する.

 

3人の先輩にピアノ調律を教えてもらう,いや各々のピアノ調律を魅せられながら,外村はどんどん調律の理解を深め,目指すべき調律が明確になっていき,少年が立派な職人へと変化していく.

 

感想

 

この本を読み,私は「ピアノ調律師」という仕事を初めて知りました.

 

ピアノとは,使用することや,湿度・温度によって音程がずれる.その音程のずれを,顧客の理想の音のニーズに合わせて調律する.これが「ピアノ調律師」である.

 

この本の一番の見どころは,主人公外村の成長である.

 

作品当初は,ピアノについて何も知らず,ただただひたすら努力し悩む.様々なピアノ・顧客と出会い,適格なアドバイスをもらうことにより,どんどんとピアノへの知識を深めていきます.

 

知識を深めながら,外村は確実に成長していきます.ピアノ調律師としても,人間としても.何事にもこだわりを持たなかった少年が,あるひとつのこと,ピアノに対して並大抵ではない執着心を魅せるようになります.

 

自分の正しいと思ったことを口に出し,自分のやりたいこと・目指すべき場所を明確にしていく外村.非常に魅力的でした.

 

この本は,才能と努力が一番のテーマだと,僕は感じました.主人公外村は,幼少期ピアノどころか,音楽にも一切触れない生活を送っていました.

 

そんなピアノ調律師の才能がなかった彼が,自分の才能の無さを自覚しながらも,努力に努力を重ねて,立派な職人となる.

 

羊と鋼の森」は,才能がないとしても,努力を重ねればそれなりの結果が出ること.また,それとは逆に努力では才能を超えることは不可能という,世の中の不条理も教えてくれます.

 

私はこの本を皆さんにお勧めします.下に購入リンクを張っておきますので,是非購入の方を検討してください.

 

 

最後に,一番心が打たれた,主人公外村の心情描写をここに乗せさせていただきます.

 

僕には才能がない.そう言ってしまうのは,いっそ楽だった.でも,調律師に必要なのは才能じゃない.少なくとも,今の段階で必要なのは才能じゃない.そう思うことで自分を励ましてきた.才能という言葉で紛らわせてはいけない.あきらめる口実に使うわけにはいかない.経験や,訓練や,努力や,知恵,転機,根気,そして情熱.才能が足りないのなら,そういうもので置き換えよう.もしも,いつか,どうしても置き換えられないものがあると気づいたら,そのときにあきらめればいいのではないか.怖いけれど.才能の無さを認めるのは,きっととても怖いけれど.

 

私たち「ユトリとサトリのあいだ」はTwitterを運営しています.下にリンクを張っておきますので,フォローよろしくお願いします!

 

では,次回の記事を楽しみにしておいてください.

 

twitter.com