ユトリとサトリのあいだ

大学生だったり時々、虫を食べたり

【QOLを上げたい人必見】朝の集中力を取り戻せる効果的な昼寝方法・パワーナップについて徹底解説!

 

こんにちわ,当サイト運営者のDoです.

 

本日は,最高の昼寝の方法をご紹介したいと思います.

 

皆さんは,パワーナップと言う単語を耳にしたことはありますか?ちなみに,私はほぼ毎日パワーナップを行っています.

 

パワーナップ (power-nap) とは、一般的に15~30分程度の短い仮眠のことである。この用語はコーネル大学社会心理学者ジェームス・マースによる造語である。時間あたりに対する睡眠の効用を最大化する睡眠法とされている。キャットナップとも呼ばれる。(Wikipedea)

 

上記がパワーナップの定義です.パワーナップを行うと疲れることによって,無くなりかけていた集中力が復活します.

 

詳しいことは,また後でご紹介しますね.今現在,世界各国でパワーナップが注目されています.NASAや世界的大企業のGoogle社も,このパワーナップを取り入れています.

 

世界中で絶賛されている,パワーナップについて,詳しい内容を見ていきましょう.

 

 

 

 

古臭い昼寝についての偏見を捨てろ!

 

さて,皆さん「昼寝」についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?もしかしたら,

 

「昼寝とは,自分の意志が弱くい人がする愚かな行為である.」

 

と考えている方もいらっしゃるのではないですか?

 

f:id:kazukjudo:20190414185944j:plain

 

ここではっきり言わせていただきまと…

 

これは間違えです.大間違えをしています

 

あなたはこのような経験じはありませんか?ランチをとった1.2時間後,どうにも仕事・もしくは勉学に集中できないという経験を.

 

これには,大きく2つの理由がございます.1つ目は食事によって,血糖値が上がっているからです.体内では,血糖値が上がると,血糖値を下げるために血液が使用されることが知られたいます.

 

では,血糖値を下げるために血液が使用されると,体内ではどのようなことが行われるのでしょうか?

 

ずばり,脳へ血液が循環しなくなるのです.普段は多くの血液は脳へ循環されます.その血液量は流れる血液量の1/5〜1/6にも達します。

 

脳へ血液が循環しないことにより,脳は機能しずらくなります.よって,ぼーっとするのです.

 

2つ目は,午前中に集中したことによって,脳が疲れているからです.脳が疲れていることによって,集中できないのです.

 

集中力はずっと続くものではありません.人間は1つのことに集中できる時間は長くて90分と言われています.つまり,脳は常に集中することは不可能です.

 

このことを防ぐためになにをすればいいでしょうか?その答えが,昼食後1.2時間後にパワーナップをとることです.

 

パワーナップをとることにより,集中できない時間を省き,パワーナップ後に高い集中力を保つことが出来るのです.

 

パワーナップとは?

 

パワーナップとは,上記の通り15~30分の睡眠です.私は20分のパワーナップを行います.

 

著書「自分を操る超集中力 DaiGo」によると,パワーナップ夜の睡眠の3時間の睡眠にあたると述べられています.また,回復した集中力や注意力は150分も持続するといわれています.

 

この睡眠方法のメリットとは,どこでもできることです.ベットの上で寝るもよし,机の上で伏せて寝るもよし.(出来れば暗い環境の方がいいです)

 

また,時間もかかりません.たった20分しか時間を取りません.何故20分なのでしょうか?その理由は,人間の睡眠リズムにあります.

 

レム睡眠とノンレム睡眠という言葉を聞いたことがありますか?レム睡眠とは,浅い眠りです.反対に,ノンレム睡眠は深い眠りです.

 

レム睡眠とノンレム睡眠の周期は90分です.寝始めて,20分間はレム睡眠です.その後70分間はノンレム睡眠.その後の睡眠中はこのサイクルが繰り返されるのです.

 

パワーナップとは,時短のためレム睡眠だけを行い,ノンレム睡眠には入らない睡眠法です.この理由は,ノンレム睡眠中に起床してしまうとすっきり目覚めることが出来ないからです.

 

深い睡眠であるノンレム状態と起床している状態は,大きなギャップがあります.体はこのギャップを処理しきれず,すっきりとした目覚めが出来なくなります.よって,パワーナップでノンレム睡眠に入ったらダメなのです.

 

まとめると,パワーナップとは浅い眠りであるレム睡眠だけをとることにより,集中力を上げることです.

 

※20分以上寝てしまった場合

 

ここで,うっかり20分以上寝てしまった場合はどのようにしたら良いか?と考えた方がいらっしゃるでしょう.正直言うと,僕はたまに20分以上寝てしまいます.

 

この答えは,レム睡眠・ノンレム睡眠のリズムを一周してしまうことです.つまり,90分くらい寝ることです.

 

このことによって,ノンレム状態での起床を防ぐことが出来ます.

 

 

まとめ

 

今回の記事をまとめると,パワーナップとは…

 

・およそ20分間の睡眠である

・ランチ後にとる

・集中力を上げてくれる

レム睡眠だけを取る

 

パワーナップをどのように感じましたか?パワーナップを魅力的だと思いませんでしたか?

 

私は,パワーナップを知る前からよく昼寝をしていました.なぜなら,ランチ後ただただ眠かったからです.

 

しかし,パワーナップの目的・科学的根拠を知ってからさらにさらに集中できるようになり,集中できる時間が増えたと思います.

 

読者の皆さんの,ランチ後のだらだらと集中できない時間をパワーナップで減らし,午後もすっきりした頭で仕事・勉強を頑張っていただけることを心から願っています.

 

ここで毎度恒例のお知らせです.私たち「ユトリとサトリのあいだ」はTwitterを運営しています.下にURLを張っておきますので,もしよかったら,Followよろしくお願いします.

 

では,次回の記事をお楽しみに!