ユトリとサトリのあいだ

大学生だったり時々、虫を食べたり

【美術館】新潟市美術館に行ってみた!現代アート重視の美術館!

こんにちは!

 

新潟旅行をしています!新潟駅からアクセスのよい場所に、いい美術館があったので感想をシェアしたいと思います!

 

一番初めに開館時間と休館日を引用しておきますね!旅行や観光で訪れる際には、これらがかなり重要ですよね。自分も休館日の日に、ある美術館を訪れたことがあります。歯がゆい思いをしたことがあるので、読者の皆さんがめいっぱい楽しめるようにお役立てください!

 

開館時間

午前9時30分 ~ 午後6時 ※ 観覧券の販売は、午後5時30分まで

 

 

休館日

毎週月曜日(祝日又は振替休日の場合は、その翌日) 祝日又は振替休日の翌日(日曜日にあたる場合は火曜日) 年末年始(12月28日~1月3日) ※ 臨時に休館日を変更する場合があります。

 

それでは本題のお話に行ってみましょう!

 

 

f:id:minotake1106:20190304100700j:image

感想

 

美術館の印象としては、かなり現代アートの種類が豊富という印象。

それでいて、カリエールなどの海外のアーティストの作品収蔵、牛腸重雄(ごちょうしげお)の写真などもあるといういい意味でごちゃまぜの作品群を収蔵する美術館でした。下にオフィシャルサイトのURLを貼っておきます!ご参照ください!

www.ncam.jp

 

ちなみに常設展は今まで行ったことのある美術館の中では小さいほうでしたが、そのときは「東郷青児展」が企画展として行われていました。その企画展の大きさはまずまずの規模で二時間はしっかりと楽しめました!イベントカレンダーを見てみても、ほぼ一年を通してイベントが行われているようですね。ボリュームは申し分ないです。

 

常設展のお気に入りだったものはこちらの二つ。

(新潟市美術館は、写真撮影OKの美術館です!)

 

f:id:minotake1106:20190303235753j:plain

Innerscape 1993

こちらの作品は「Innerscape 1993」という作品。内海信彦さんの作品です!

この作品はキャンバスに、塗料を垂らし、それをドライヤーで流すことによって制作された作品です。内海さんは流す方向や風を当てる角度は計算していたそうですが、計算どおりに流れない偶然性の中に美を見出したそうです。

でかいキャンバスに、これだけよくわからないものが描いてあるというだけで既に圧巻。手では出せないような美が、確かにそこにありました。

 

f:id:minotake1106:20190303235838j:plain

12個の時計

「12個の時計」という作品。郭徳俊さんの作品です。

この作品のバックグラウンドは全くわからないのですが、全ての時計が狂っていました。一つ一つの時計が「個性的」に狂っていたとしたら、均一な工業製品のなかの不完全性が現れているように思われます。その生活の中には現れない不便さや矛盾が現れている作品だと思いました。

 

これら以外にも、新潟市美術館には4000作品以上もの作品たちが収蔵されています!毎期間ごとに交換されて、毎回新しい顔が観れるそうです。ぜひ2回目、3回目と訪れてみたいです!

 

 

 

美術の偶然!(2019/4/14まで)

 

個人的にこのコンセプトはすごく良いと思いました!「美術の偶然!」とは、美術のことを知らない子ども達に、ルールのなかでくじ引きをさせて収蔵作品の中からランダムに展示するというイベントです!

 

テーマが無い状態の空間が作り出されていました。子ども達にも、幼い頃から一流の芸術を触れさせることもできるし、自分で選んだことによって作品に対する愛着もわきます。面白いイベントで、教育的な価値も計り知れないなと思いました!感心!

 

 ちなみにこんな空間でした。

f:id:minotake1106:20190304005039j:plain

美術の偶然!

 

まとめ

新潟市美術館は,開館以来,近現代の優れた作品を収集・展示してきました。こうして培われたコレクションに加えて,新潟市は地域の多様な文化資源や豊かな自然環境に恵まれています。これら先人たちの遺産や自然の賜物である環境を常に意識し,「あるもの」を活かすとともに,埋もれている知を掘り起こし,光をあて,独自な発信をしていきます。「みる」ことを通じて,新たな価値を「発見する美術館」をめざします。

 

チャレンジ精神が感じられる美術館でした。建物もすごく綺麗でしたし、美術に興味がある方にも、ない方にもおススメです!

 

アクセス

 

新潟市中央区にある美術館で、新潟駅からバスでおよそ10~20分でいける場所にあります。google mapのURLを下の方に貼っておきます。ぜひお役立てください!

それではここらで失礼します!ぜひ行ってみてくださいね~。(ヒカリ)

 

www.google.com